マルクスT

ブランド

デザイナー:マルクス テミング氏の名前からブランドのマルクスTと命名されたこのブランドは、ドイツの旧農家を改装してメガネを企画・製造しています。マルクス氏が自分のキッチンでシート状のプラスティックをメガネフレームに組み立てたことがスタートです。のどかな農業地帯で今も変わらずメガネを作り続けているのは、働く人の環境も製品の一部であるという考えから。そして、ドイツの伝統的なクラフトマン精神で良いものを作り続け、良いアイデアで世界の眼鏡業界を驚かせています。 

T3コレクション

 軽さ、弾力を兼ね備えたチタニウムシートを眼鏡にする上で、レンズの脱着をどうするかが大きな問題になります。マルクスTのT3はチタニウムコレクションの3世代目で、構造をシンプルにしてレンズを安全に保持する方法を実現しました。チタニウムの軽さ、アレルギーを引き起こさない安全性、細部まで調整できる応用性、全てを備えたメガネが完成しました。
マルクスTがただ単に軽さだけを追求したメガネであれば私たちで取り扱うことはなかったかもしれません。レンズの取り付け角度から左右別のフィッティングまで考えられる全ての調整が可能なマルクスTだから自信を持ってご提案しています。


Markus   T312


Markus T317


Markus T320


Markus T324


Markus T326

 


Markus   T327


Markus T334


Markus T335


Markus T336


Markus T336

 

マルクスTの推奨レンズ

マルクスTは球面、非球面どちらの設計のレンズにも対応しています。お客様のニーズに合わせて最適なレンズをご提案いたします。
レンズの側面にチタンパーツを差し込みますのでレンズ素材の強度を理解していることと、レンズ側面の溝に丸め加工ができることが求められます。
メガネのジンノにお任せいただければ安心です。

MarkusTのご購入ならメガネのジンノ

メガネのジンノではマルクスTのT3を中心にセレクトしています。ご希望の商品が店頭にない場合はお取り寄せいたします。
 

 

alain mikli

 

four nines

 

Chrome hearts

 

ic!berlin

 

Tony same

 
 

BJ classic

 

Mr,Gentreman

 

STARCK eyes

 

markus T

 

STEADY

 
 

paper glass

 

RIDOL&Z-parts

 

Sugimoto Kei

 

Y-concept

 

Spec espace